血行促進と女性ホルモンの低温期の情報ページ

血行促進と女性ホルモンの低温期

血行促進と女性ホルモンの低温期

低温期とは、生理が終わってからの時期で、排卵が開始される14日間の間のことを指します。特に女性の場合には血行促進という場合にはホルモンの分泌バランスと大きく関係してきます。

 

低温期には、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌される量が増えてきます。この時期は、身体の代謝が活発になる時期であるため、古い細胞と新しい細胞とが入れ替わる時期でもあります。この時期に積極的に髪や頭皮のお手入れをすると、効果が上がります。

 

抜け毛対策に頭皮マッサージをするのなら、この低温期の時期に集中して行うとよいでしょう。女性ホルモンが一番分泌される時期というものがあります。それは、妊娠中です。

 

妊娠している時期は、お腹に赤ちゃんがいる間は女性ホルモンが大量に分泌される時期でもあるので、抜け毛が少なくなります。しかし、出産すると、一時的に髪が抜けてしまいますが、一年後にまた元の状態に自然に戻るので心配することはないでしょう。女性は女性ホルモンの量によって体調がよくなったり、悪くなったりします。

 

生理不順や加齢、ストレス、更年期障害、出産などは、ほとんどの女性が通る道のりではないでしょうか。女性ホルモンとうまく付き合いながら、抜け毛対策をするのが一番でしょう。

 

女性ホルモンをうまく分泌させるには、やはり血行促進とストレスのない規則正しい食生活と生活環境が大切でしょう。

▲血行促進と女性ホルモンの低温期 上へ戻る

血行促進と女性ホルモンの低温期 先頭へ戻る