医療機関でAGA治療を受けるの情報ページ

医療機関でAGA治療を受ける

医療機関でAGA治療を受ける

医療機関でAGA治療を受けると5αリダクターゼの働きを阻害する効果がある医薬品のフィナステリド(プロペシア)が投与されます。

 

元々フィナステリドはDHTの影響で引き起こされる前立腺肥大症の治療薬として開発された経緯がある医薬品ですが、その後抜け毛を抑制する働きも確認されたため、AGA治療にも使用されるようになりました。

 

通常の育毛剤は頭皮ケアが中心ですが、薄毛には遺伝的な影響に加えて紫外線による頭皮の影響もあるので、遺伝による影響よりも外部環境に影響があると感じる方は、通常の育毛剤でもよいでしょう。

▲医療機関でAGA治療を受ける 上へ戻る

医療機関でAGA治療を受ける 先頭へ戻る